加藤紗里「カープの意味はヤクルト」で“にわかファン疑惑”深まる

2016年12月16日 11時12分

タレントの加藤紗里
タレントの加藤紗里

 タレントの加藤紗里(26)が15日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演し、司会の松本人志(53)らをあぜんとさせた。この日は「2016年お騒がせニュース総決算スペシャル」として各界の“代表”が参加した。

 

「狩野英孝との二股騒動」で登場した加藤は「私がヒール役みたいになってる。6股かけられて、遊ばれたのに何で?」と困惑の表情。松本に「見るからにうさんくさい」とツッコまれ、さらに「すでにAVは撮ってるの?」とまで言われる始末だ。芸能リポーターの井上公造氏(59)が「(加藤は)売名が成功した最大の人」と言い切るとスタジオは大きな拍手に包まれた。

 

 井上リポーターが「(加藤は)狩野君と別れて別の男性と交際していた。その男性とも別れ、今はタワーマンション(億ション)に住んでいる。その家賃を元カレに払ってもらっているでしょ?」と質問すると、加藤は「買ってもらいました」とキッパリ。驚く出演者を尻目に「一緒に生活する愛の巣」と笑顔で語った。

 

 スポーツコーナーでは“にわかカープ女子疑惑”を追及された。引退した黒田博樹投手の永久欠番になった背番号を聞かれ「1番」(本当は15)。「カープって(英語で)どういう意味?」の質問には「ヤクルト」と答えるなど、疑惑を深める結果になった。

関連タグ:

ピックアップ