上西恵「これを飛ばないと卒業できない」決死の覚悟でバンジージャンプ

2016年12月15日 05時00分

マカオタワーでバンジージャンプに挑戦した上西恵(右)

 10月に卒業を発表したアイドルグループ「NMB48」の上西恵(21)がこのほど、関西テレビのバラエティー番組「NMBとまなぶくんSP」(22日深夜0時43分=関西ローカル)の収録に参加した。

 レギュラー放送でおバカ発言を連発し「世界一の高さからのバンジージャンプ」という罰ゲームを科されることになった上西。そこで訪れたのは、ギネスブックにも認定されている233メートルのマカオタワーだ。

 上西は「さすがに怖いですけれども、飛ばずに帰ることは絶対にできないと思うので、リタイアは絶対にしないです」と意気込みを語り、後輩にも「コレ、ほんまに怖いけど、飛ぶから見とけよ!」と力強く宣言。だが、恐怖心から足が震え、目には自然と涙が…。

 そんな上西の姿に、同じグループ1期生として6年を共に過ごした山本彩(23)は「あんなにパニックになった上西の姿を見たことなかった。それほど、すごいことだったんだ」とVTRを見ながら感心した。

 上西は「飛ばないと卒業できない。これを飛んだら何でもできそう。生まれ変われそう」と、卒業への決意を胸にジャンプに挑んだ。