大盛り上がりホリプロ火曜祭 和田アキ子が呼ばれない理由

2016年12月14日 16時30分

「ホリNS火曜祭2016」に出演した(左から)ベック、板野友美、イジリー岡田、大島麻衣、河西智美

 元AKB48の“ともちん”こと板野友美(25)、大島麻衣(29)、河西智美(25)らが13日、都内で行われた大手芸能プロ「ホリプロ」主催の「ホリNS火曜祭2016」に出演した。同事務所所属で人気の小島瑠璃子(22)や脊山麻理子(36)ら女性タレント総勢30人で、1000人の観客を前に計42曲を披露した。

 

 司会を務めた大島が「ホリプロならではのアットホームで忘年会のような感じですね」と言う通り、笑いにあふれた。板野は、歌謡と火曜をかけたタイトルについて「火曜日の火曜だったんですね。知らなかった…」とこの日初めて気付いたとか。

 

 同じく司会のお笑い芸人、イジリー岡田(52)は今年9月に14歳下の美人ネイリストと入籍した新婚ホヤホヤ。報道陣から「これだけの美女に囲まれて奥さんがひがまない?」と問われると「奥さんが一番いいから」とノロけたうえで「結婚は漫談からコンビ芸になったようなもの。帰ったら話し相手がいる」とニヤけた。

 

 関係者によると「イジリーは友達が少ない。芸能界で仲がいいのは、ものまね仲間の神奈月さんだけ」という。「Perfume」の“かしゆか”こと樫野有香似の奥さんが、私生活ではネクラ男の独身生活を一変させたようだ。

 

 上機嫌のイジリーは「このフェスは評判が良ければ続けていけばいいんじゃないですか。悪ければ最終的には事務所のレッスン場(約50人収容)が会場になる。トップは榊原郁恵さん、ラストは井森美幸さんのダンスで」と笑わせた。

 

 今年、NHK紅白歌合戦に落選したホリプロのレジェンド・和田アキ子(66)については「アッコさんはオレが操れないから無理。オレらがきちんと地盤を築き上げてから呼びたい」と語った。