ペニオク詐欺 熊田曜子、永井大らも“成果報告”

2012年12月14日 10時20分

 「ペニーオークション」の詐欺容疑で逮捕された鈴木容疑者らはサイト名を変え他にも複数のペニオクを運営していた。そのうちの「わくわくオークション」では、松金が最近はやりのタジン鍋を199円で、さらに熊田曜子(30)が“水で焼く”オーブンを5000円程度で、落札したことに。


 小森純(27)も「ギャルオークション」でアロマ加湿器をたった225円で落札したとブログで騒いでいた。東原亜希(30)はiPadを落札した。


 こうした芸能人ブログの写真をサイトにアップし、鈴木容疑者は「なんと!商品を買っている芸能人も多数!」とアピールしていた。


 男性タレントで“広告塔”の1人になったのが永井大(34)。宣伝に加担したのはワールドオークション系列のペニオクではないようだが、一昨年末のipadを855円で落札し「うそでしょ!?ラッキー♪ラッキー♪ラッキー♪ えっ!?本当に!?ヤッター!!!」とブログに書いていた。


 永井の所属事務所は「後輩から(オークションのことを)聞いて落札したのは確かです。お金はもらっていません。その会社のことも知りません。ただあまりにも安すぎておかしいんじゃないか、返した方がいいんじゃないかとなり、商品は返しています」と説明。永井サイドに悪意はなかったようだ。


 みな既にブログを削除していることから、ほしの同様に虚偽の落札だった可能性が極めて高い。


 捜査関係者によれば「各地の別のペニオクサイトも、摘発が続く可能性が高い。美容商品主体のあるオークションでは、女性モデルが多数在籍する芸能事務所の関係者が、サイト運営に直接関与していた疑いもある」と話している。

 

 

ほしのあき詐欺宣伝 仲介はH乳グラドル

小森純「詐欺加担」聞かれる前に“逃走”

「詐欺逮捕」元阪神選手の“悪評”