土屋太鳳がパティシエ姿披露 クリスマスは「みんなでケーキ作れたら」

2016年12月04日 14時51分

パティシエ姿で登場した土屋太鳳

 女優・土屋太鳳(21)が4日、都内で行われた「2016 夢のクリスマスケーキコンテスト」グランプリ作品の発売記念イベントに、パティシエ姿で登場した。

 昨年のNHK連続テレビ小説「まれ」でパティシエ役を演じた土屋。「パティシエは本当に影響を与えてくれた大切な職業。また着られてうれしい」と笑みを浮かべ「ショートケーキって、日本のオリジナルなんですよ」と豆知識を披露した。

 今春にはその「まれ」で共演した山崎賢人(22)との交際報道もあった。クリスマスの過ごし方を聞かれると「毎年家族と過ごしていますが、ホームパーティーに憧れているので、今年は大学の友達や仕事でお世話になっている人と集まって、みんなでクリスマスケーキを作れたらいいなと思ってます」と回答。

 リポーターから「そこに彼氏は入ってない?」と突っ込まれると「なんかもう、人生全て勉強しながらって感じです。クリスマスもみんなで過ごせたらいいなと思います」とかわした。

 今年を振り返って「毎年一年、あっという間なんですが、今年は30年間ぐらい生きた気持ちです。ありがたいことにたくさんの役を生きることができた。来年もいろんなことに挑戦していきたい」と充実した一年を過ごせた様子だった。

 同コンテストは銀座コージーコーナー主催。全国の小学校6年生までの児童から「こんなクリスマスケーキがあったらいいな」と思うイラストを募集。グランプリ作品は実際にケーキにし、200台限定で販売する。今年は過去最多の1万7663作品から北海道の平野愛美ちゃん(5)の作品がグランプリを受賞。この日のイベントで土屋が記念盾などを贈呈した。