三船美佳 元夫との豪邸購入に後悔ナシ「人生、勉強だなと」

2016年11月30日 18時53分

三船美佳(左)と松尾貴史

 タレントの松尾貴史(56)と三船美佳(34)が30日、放送400回目を迎える毎日放送の情報番組「住人十色~家の数だけある 家族のカタチ~」(土曜午後5時、関西ローカル)の収録に参加。終了後、囲み取材に応じた。

 これまでの400回を振り返り、松尾は「最初より新しい建築技術や流行など変わってきてますが、家族の雰囲気というのは変わらない。人間の気質や関係といったものがそのまま出ていますね」と語った。

 その上で、印象に残った家について「三船さんちですね。タイル張るの手伝いに行ったからね。無駄になっちゃったけど」と、三船が元夫で歌手の高橋ジョージ(58)と共同名義で購入した東京都内の豪邸を取り上げた。

 これに三船は「突っ込むよね」と苦笑い。すかさず、報道陣から財産分与の調停について質問が飛んだが、無言を貫いた。だが、自宅を買ったことに後悔はないそうで「人生、勉強だなと思います」と語った。

 すると松尾は「そうですよ。過ごしたことや、やったことに無駄はないんですよ。人生万事塞翁が馬で、後悔はしたって意味がないけど、反省だけはしなさいよ」と助言。三船は「はーい。めっちゃ反省しまくりです」と耳を傾けた。

 囲み終了後、再度調停について聞かれた三船は「まだです」とコメントし、現在も調停中であることをほのめかした。

 松尾と三船がMCを務める同番組は2008年4月にスタート。個性的な家とそこに住む住人(アルジ)の暮らしを紹介する。

 なお、収録の模様は来年1月14日に放送される。