猪木氏がカストロ前議長を追悼「時代の大きな星が散ってしまった」

2016年11月27日 13時35分

アントニオ猪木氏

 アントニオ参議院議員(73)が27日未明、25日に90歳で死去したキューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長への追悼コメントを発表した。以下全文。

 

「フィデル・カストロ議長のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。

また時代の大きな星が散ってしまったと、痛惜の念に堪えません。

議長は、懐の深い人物でした。

私を友人猪木と呼び、お酒を酌み交わしながら多くのことを語り合った想い出を忘れることはないでしょう。

在りし日の姿を偲び、ご家族と、国民の皆様に謹んで哀悼の意を表します」

 

 猪木氏は1990年にカストロ前議長との会談を実現して以来、日本とキューバの友好に大きく貢献。12年にはキューバ友好勲章を授与された。