カニエ・ウェスト錯乱で入院!ツアー中止し33億円損失発生か

2016年11月27日 11時00分

 米国は今週、感謝祭休暇中だが、セレブ一家のカーダシアン家は今年も病院通いだ。同家の次女で人気タレント、キム・カーダシアン(36)の夫でラッパーのカニエ・ウェスト(39)が今週、錯乱状態になり、精神鑑定のため緊急措置入院。治療は長引きそうで、年内の公演は全て中止になった。

 

 昨年は三女クロエ・カーダシアン(32)の夫で米プロバスケNBAレイカーズの元スター選手ラマー・オドム(37)が、10月、ネバダ州の売春宿に滞在中、薬物の過剰摂取により意識不明の重体で発見され、緊急入院。クロエをはじめ、カーダシアン家の人々が付きっきりで看病した。オドムは奇跡的に回復したものの、今年初めの退院まで、ロサンゼルスの病院で入院生活を送った。そして今度はカニエだ。

 

 米芸能サイト・TMZによると、今月21日午後1時20分ごろ、カニエが訪れていたジムのトレーナー宅から、ロス市警に「精神鑑定のために措置入院が必要な男性がいる」との通報があり、警官が駆けつけたところ、錯乱状態のカニエを発見。間もなく到着した救急車に乗せるため、警官らはカニエをなだめようとしたが抵抗に遭い、手錠をかけて救急車でUCLA医療センターに搬送した。

 

 市警は「本人の健康面と安全のため」との声明を出した。

 

 妻のキムは同日、ニューヨークで予定されていたパーティーイベントの出席を急きょキャンセルし、病院に駆けつけた。

 

 そのキムも10月3日未明、フランス・パリの滞在先で複数の男らに襲われ、指輪、宝石類など10億円相当を奪われる被害に遭遇。21日のパーティーは、事件後初めてキムが公の場に姿を見せるイベントとして、メディアの注目を集めていた。

 

 TMZは入院中のカニエについて、関係者の話として「改善とはかけ離れた状態だ」と説明。治療が長期に及ぶ可能性を示唆した。

 

 同サイトはまた、年内に予定されていた全米ツアーの残り21公演が全て中止になったことで発生する損失額は約3000万ドル(約33億円)に上ると推定。

 

 だが「損害保険に加入しているため、病気が正式に認められれば、全額補償されそうだ」と報じている。