横澤夏子「血眼で婚活パーティー通い」を告白

2016年11月25日 14時45分

「婚活パーティー通い」を明かした横澤夏子

 お笑いコンビ「ピース」綾部祐二(38)が25日、大塚国際美術館(徳島・鳴門市)のPRイベントに出席し、紅白初出場を決めた後輩お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」にエールを送った。

 

 綾部は「デビュー当時からすごかったが、あっちゃん(中田敦彦=34)は、本当によく考えている。後輩だけど、すごいやつらだと思う」とほめちぎった。

 

 昨年はコンビを組む又吉直樹(36)が小説「火花」で芥川賞を受賞。「先生が紅白で審査員をされたので、後ろにある友人席に招待された。ありがたかった」という。

 

 この日、ゲストで登場したタレント・横澤夏子(26)も、「吉本の社員が紅白に行けると大喜びしていた」と報告。来春から綾部が米ニューヨークに移住するため「“遠距離先輩”になるから、私はお金をためてニューヨークに行ってごはんをおごってもらおうかな」と語った。

 

 横澤は20万円をかけて足をスリムにするエステを受け、料理を習うなど花嫁修業に励んでおり「綾部さんとじゃなく、好きな人を見つけて美術館に行きたい。血眼で婚活パーティーに通っている」と鼻息も荒くまくし立てた。