ノブコブ・吉村 極楽・山本を“同期扱い”して後悔「殺されますよ」

2016年11月25日 13時37分

「極楽とんぼ」山本のネタでイジれたノブコブ・吉村(左)

 吉本新喜劇座長のすっちー(44)、山田花子(41)、酒井藍(30)、お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」(吉村崇=36、徳井健太=36)が25日、大阪市の吉本興業本社で「なんばグランド花月 年末ジャンボ宝くじ10億円キャンペーン」の発表会見に登場した。

 

 先日、「極楽とんぼ」加藤浩次(47)が、自身がMCを務める日本テレビ系「スッキリ!!」で、吉本興業に復帰した相方の山本圭壱(48)の芸歴について、“天の声”として出演した南海キャンディーズ・山里亮太(39)と掛け合いをする場面があった。

 

 その際に加藤が「(復帰に要した)10年を引くので、芸歴は15年くらいになるのか」と話すと、山里は「じゃあ、同期くらい」とつぶやいた。山里の同期には平成ノブシコブシがおり、加藤は「じゃ、(山本は)吉村にタメ口きかれるんだ」と話していた。

 

 この発言を受けて、宝くじが当たった場合に“同期らしく”山本と飲みに行く気はあるのかと聞かれた吉村は「同期ですから(行きます)。割り勘ですが。でも、1000万円当たればおごりますよ。ちゃんとやれよ! 頑張れよ!って」と話して笑わせた。

 

 だが、ふと我に返ったのか「殺されますよ。東京の(吉本芸人)トップの方ですから」とあわてて修正した。

 

 隣で聞いていたすっちーが「そこだけ切り取ってゆがんだ感じに書いてください」と面白おかしくイジると、吉村は「大問題になりますよ。切り取られたらまずいこと言っちゃったなぁ。切り取らないでー」と報道陣に要請した。

 

 同キャンペーンは、吉本新喜劇と「年末ジャンボ宝くじ」(12月23日まで発売)がコラボ。すっちーが座長の新喜劇(29日~12月5日、なんば花月)と、お笑いコンビ「130R」ほんこん(53)が座長の新喜劇(27日、12月4日、11日、18日、ルミネtheよしもと)の各公演の際に抽選で来場者1人に「年末ジャンボ宝くじ」100枚をプレゼントする。