SMAPが仮面姿でピコ太郎の後に紅白登場!?関根勤がドッキリ妄想

2016年11月24日 20時08分

関根(右)と柳原

 お笑いタレントの関根勤(63)と柳原可奈子(30)が24日、都内でトークライブ「酷白6」(来年2月4〜5日、東京・日経ホール)のポスター撮影を行った。

 2012年2月にスタートした「酷白」も今回で6回目。このトークライブでは、2人が得意とする妄想を連発することで知られている。

 今年は多くのスキャンダルが噴出したが、気になる話題について柳原は「最近は三田寛子さんにハマっている。いつもは天然キャラなのに、ビシッと梨園の妻として決めるところは決めるという女子力が、今年はビンビン来た」と明かした。

 一方の関根は最近、小池百合子東京都知事(64)について妄想しているとか。

「小池さんは年が1個上なので、お互いに高校時代に戻って僕が1年で、2年の小池先輩にパフェをおごってもらいたい」

 またこの日はNHK紅白歌合戦の出場歌手が発表された。

「もしSMAPが出場するなら、どう妄想で演出する?」と聞かれた関根は「応援団としてマスク姿で来て『お笑い界から仮面をかぶって応援をしたいという5人組が来ています』と言って、ピコ太郎の後に出てくると実はSMAP。それでヒットメドレーを歌うなんていかがでしょう? 紅白始まって以来のドッキリです」と話した。