ロザン宇治原の出身地はテレビがまともに映らなかった?

2016年11月24日 00時00分

番組収録を行った(左から)「ロザン」の菅広文、宇治原史規、川田裕美アナ

 お笑いコンビ「ロザン」(菅広文=40、宇治原史規=40)とフリーアナウンサー・川田裕美(33)がこのほど、大阪市のテレビ大阪で「関西198全市町村から選んだ!住みたい街ランキング2016」(12月3日午後6時58分=関西ローカル)の収録を行った

 

 同番組では安全度や財政力、医療など街の要素7項目をもとに、住みたい街上位50位を発表。菅は出身地・大阪府高石市が24位にランクインし「自分の住んでた所がランクインしたら、メッチャうれしいもんですね」と会心の笑顔。相方・宇治原の出身地・大阪府四條畷市はランク外となる101位に終わり「自分の出身地が入らないのは、こんなに悔しいものか」と悔しがった。

 

 菅から「高校の時に(宇治原の)家に遊びに行ったんですけど、電波が悪くてテレビがまともに映らないんですよ。野球見てたら、裏番組の時代劇の侍とかが映っちゃって、球場に現れた霊みたいになるんです」と明かされると、宇治原は「僕の住んでた所がたまたまですよ。四條畷全体がそうではないです」とフォローした。

 

 そんな低評価の地元のために、選挙に出てひと肌脱いでみる気はないかと聞かれると「四條畷市長選挙に出るとかですか? うーん」と思案顔。すかさず菅に「『そんなちっちゃなとこから出ーへん』って前に言うてましたよ」と暴露されると「言うてない、言うてない。言うてるわけない」と火消しに必死だった。

 

 昨年フリーに転じた川田アナは、生活の拠点を東京に移している。宇治原から「東京に骨うずめるんでしょ?」と聞かれると「いえいえ、ひと言も言うてませんから。根っこは関西です」と全力で否定。さらに、菅から「めちゃくちゃ儲かってる言うてたもんな」と突っ込まれると「それも、ひと言も言うてませんから!」とタジタジだった。