• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 故・小沢昭一さん的名言「ソープは芸術だ」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

故・小沢昭一さん的名言「ソープは芸術だ」


“個性派脇役”としても知られる小沢昭一さんが10日未明、前立腺がんのため都内の自宅で死去した。83歳だった。俳優業ばかりか、性風俗やギャンブルにも生真面目に徹底して取り組んだ小沢さん。1973年に始まり放送回数1万355回とまさにライフワークだったラジオ番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」(TBSラジオ)には、秘話がたくさん詰まっていた。

 

 同番組は小沢さんの軽妙洒脱な語り口により、恐妻家でスケベ、小心者で無能、うだつの上がらぬサラリーマン・宮坂さんを主人公に、世の流行ごとなどを1週間単位で独演するスタイルで人気を博した。

 39年間プロデューサーを務めた坂本正勝氏(76)が振り返る。「台本は自分のものになるまで何度もチェックを入れた。時には『お前のみみっちいセリフじゃスケールが小さくなるだろ』とからかわれたものです。読書家でマンションの一室を書庫にしていたほど。年をとって大学で勉強したりと努力家でした」

 一方、女遊びやばくちも大好きだった。

「若い時は大変だった。地方なんか行くと、ソープランド行って食事した後に『2軒目行くぞ!』という感じ。麻雀もパチンコも大好きだった。僕の玉がなくなると、よく玉をくれましたよ。玉をねだるセコい僕に『お前は小市民だなっ』と皮肉交じりに笑ってました」

 そうした遊びをラジオで話すが「当時は考えられないことだった、風俗の話なんて。でも、それができるのが彼でした」と坂本氏は語る。聞けば“心の友”だったのは故渥美清さん(享年68)で「今思えば、小沢さんが『寅さん』に憧れていたような。それが渥美さんとの絆になってたのかもしれません」とのこと。

 またTBS関係者からはこんな秘話も。

「番組を始めるとき参考にしたのが、右翼活動家の赤尾敏。ラジオを通して世のお父さんを応援してハッパかけたかったんだよ。赤尾さんの街頭演説は聴衆の心を揺さぶるものがあるから、よく聞きに行ったんだって。小沢さんは敗戦で貧しい時代を味わってるから、お父さんたちが日本を立て直すと信じていたね」

 今で言うサブカルチャー研究者のハシリで、ストリップや猿回し、女相撲、キャバレー、チンドン屋、ソープ嬢など全国の風俗や大道芸を取材し本にした。

 98年には前立腺がんが見つかり、闘病生活に。

「そのとき支えになったのが、娘さんがかわいがっている猫で、癒やされてました」と出版関係者。

 今年9月に入院して以降、同月24日放送分から過去のライブラリーをもとに「傑作選」が放送されている「小沢昭一的こころ」は来月で40周年。「40周年を迎えられそうもないことを、何より一番心残りにしていた」(局関係者)という。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!