三上悠亜がANRIにエール「お互いに業界を引っ張っていきたい」

2016年11月22日 18時57分

ピンクの衣装で登場した三上

 シングル「リ・ボ・ン」(23日発売)でCDデビューした恵比寿マスカッツの三上悠亜(23)が22日、都内でミニライブを開き、話題のあのライバルについて初めて言及した。

 アイドル時代からグループでの歌手活動を行っていたが、ソロはやはり格別のようだ。曲に合わせてピンクのリボンをイメージした衣装をデザインする気合の入れようで「歌もダンスも間違えられないという緊張感がある。中野サンプラザを目指したい」と目標を明かした。

 ところで“業界”は今、2世タレント・ANRI(坂口杏里=25)のデビューが注目を集めている。坂口と三上は芸能界時代に共演はないが、ともに“業界”入りした人気芸能人という共通点がある。

 三上は本紙の取材に「サンプル動画を見た。テレビに出られている有名な方が脱がれるとうれしいというか、こういう気持ちになるんだなと思った」とコメント。以前自分がたどった道を追いかけてきた坂口のデビューを歓迎した。

 続けて「有名で話題のある方。MUTEKI仲間ということで、お互いにこの業界を引っ張っていきたい」とエールを送り、ライバルとして切磋琢磨することを誓った。