【GQメン・オブ・ザ・イヤー】渡辺謙“おじいちゃん”扱いにムッ

2016年11月21日 19時36分

「GQ MEN OF THE YEAR 2016」授賞式に出席した俳優・渡辺謙

 俳優・渡辺謙(57)らが21日、都内で行われた「GQ MEN OF THE YEAR 2016」授賞式に出席した。

 

 渡辺は今年、2本の主演作が公開されたが、撮影は一昨年、昨年のもの。「今年やったミュージカル(「王様と私」)も再演だし、以前に頑張ったものが評価される収穫の年だった。今年はずっとプロモーションをしていた感じ」と苦笑した。

 

 続けて「実体があってないような仕事をしているので、そよ風も突風も吹く。そんな風を感じたり起こしたりして、それが終わったら去っていくという感じでいたいなあ。死ぬまで男でいたい」と人生観を語った。

 

 白血病を克服して国際俳優へ上り詰めた自身は今年、胃がんを患って手術。妻の女優・南果歩(52)も乳がんの手術をした。病を乗り越えての一年だっただけに、喜びもひとしおなのだろう。

 

 長女の女優・杏(30)は双子を出産。「おじいちゃんになったが」との質問には語気を荒らげて「何ですか? それ」と質問者を〝威かく〟するなど、まだまだ若さにあふれている。

 

 長男の俳優・大(32)にも子供がおり、孫歴は6年。「目新しくはない。親の延長くらいの気持ちでやっている」。この日の出席者では最年長だったが、いまだ第一線で活躍を続けており、老け込むには早すぎると主張したかったようだ。