高橋真麻 交際男性とケンカするも仲直り「もう大丈夫です」

2016年11月20日 18時36分

高橋真麻

 フリーアナウンサーの高橋真麻(35)が20日、都内で行われた「城ドラフェスティバル2016 in 東京」に出席した。

 同イベントはスマホアプリゲーム「城とドラゴン」の年間王者を決める最終大会。ゲームのキャラクターになり切って、マーメードのコスプレ衣装で登場した高橋は「35歳にもなってこういうのを着る機会を与えてくださって…。でも、いろんなところが気になっちゃう」とボディーラインがばっちり出ていることを懸念。実際、衣装合わせのときより太ってしまい、背中の部分で調整したという。

 19日にはバラエティー番組で交際中の男性とケンカしたことを明かし、先行きについて「どうなるかわからない」と不穏な発言をしていた。

 ケンカの原因は「ちょっとしたことの積み重ね」だったというが「もう大丈夫です」と言うように、すでに仲直りしたという。

 さらに「ケンカとかあるときに囲み(取材)とかあると隠しきれない。ウソでも幸せですとは言えなくて…」と告白。番組の収録が行われた11月上旬はケンカ直後で、そのモヤモヤを抱えたまま収録に臨んだ結果、不穏当な発言につながったようだ。