蓮舫代表 双子をバラエティー番組披露で戸籍公開まったなしの声

2016年11月20日 11時00分

 民進党の蓮舫代表(48)が18日放送されたTBS系のバラエティー番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で双子の子供や母親、夫ら家族を披露した。いまだ二重国籍問題がくすぶり続ける中、プライベートの露出でイメージ回復を図りたい構えだが…。

 

 番組では「世間を騒がした渦中の女」として、蓮舫氏がゲストで登場。東京・目黒区内の豪邸にカメラが初潜入し、リビングやキッチンから寝室までを公開したうえに「(夫と)ベッドを共にするのは?」との質問に蓮舫氏が「ない」と即答するなど“仮面夫婦疑惑”とも紹介された。

 

 さらに「美女&イケメンの双子がいた」と娘の翠蘭さんと息子の琳さん(ともに19)が“テレビ初公開”として、出演。「(蓮舫氏は)お姉さんみたいな感じ」(翠蘭さん)、「親バカ」(琳さん)と蓮舫氏の素顔を語った。最後には蓮舫氏の母親の桂子さん(77)も登場した。

 

 永田町関係者は「蓮舫氏の選挙を手伝う翠蘭さんが以前、テレビで取り上げられたことがあったが、家族や自宅を公開したのは初めてではないか。代表就任後、メディアには積極的に露出しているが、ここまでさらけ出したのは驚きです」と話す。

 

 番組では蓮舫氏がNGとしていたクラリオンガール時代やセミヌード写真なども紹介された。「二重国籍問題で説明が二転三転した揚げ句、台湾国籍を離脱していなかったことが判明し、不信感から支持率は上がらないまま、いまや党内でも代表として見られていない。謎にしていたプライベートを公開し、親しみやすさを演出したのが明白です」(野党関係者)

 

 とはいえ、二重国籍問題では蓮舫氏が戸籍謄本の公開をかたくなに拒否し続けており、いまだ“疑惑”に包まれている。「蓮舫氏は戸籍謄本を公開しないのは『極めて個人的』と話し、家族の情報が出るのを恐れているといわれていたが、テレビで公開したのだからもう隠す必要はないのではないか」(同)

 

 異例の家族公開は、二重国籍問題を完全にクリアするための布石なのか?