太川陽介 後輩ベッキーとの「バス旅」共演に否定的「力になれればいいが別の話」

2016年11月17日 16時07分

太川陽介(右)と蛭子能収

 漫画家の蛭子能収(69)、俳優の太川陽介(57)が17日、都内のテレビ東京で土曜スペシャル「ローカル路線バス乗り継ぎの旅~特別編~」(26日午後6時半)の記者会見に出席した。

 

 今回は「テレ東→六本木3丁目移転プロジェクト特別企画」として、太川&蛭子コンビに代わって、特別メンバーの俳優・田中要次(53)、芥川賞作家・羽田圭介(31)、元AKB48の宮澤佐江(26)が旅に出る。その様子を太川&蛭子はVTRで見ながらコメントする。

 

 太川は「僕たちはチームワークがあまりよくない。その3人の方がいいんじゃない? 羽田さんは瞬発力あるが持続力はない。やっぱり蛭子さんが一番いいかな。我々は10年やっているので、それをしのぐのは無理。でも、僕らより立ち直りが早いのがすごいと思った」と感想を述べた。

 

 また、蛭子は「メンバーが代わっても見ていて面白いから、企画がいいんだと思う」と同席した越山進プロデューサーにゴマをすると「僕らはバスがなくなると悪口ばかり言っていた。それをしないのは思い入れがないのかな。僕は田中さんよりかは絶対いい」とアピールした。

 

 同番組は9月の放送で、元恋人の歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)が女優・藤原紀香(45)と結婚したため傷心だったタレント・熊切あさ美(36)を登場させて“みそぎ”を果たしたと話題を集めたばかりだ。

 

 そこで、太川と同じ事務所の後輩で、今年初めに不倫騒動を起こし休養していたハーフタレント・ベッキー(32)の起用がささやかれていた。これに越山プロデューサーは「今はないが、将来的にはあるかもしれない」と起用に含みを持たせた。

 

 また、太川は「同じ事務所なので、あの子の力になれればいいと思うが、バス旅とは別の話。バス旅と彼女をあえてくっつけることはない。話題にはなるだろうけど」とコメント。長年コンビを組む蛭子について「プライベートで会いたいと思わないし、携帯番号も知らない。お互い葬式には顔を出さないと誓っている」と話し、プライベートと仕事をきっちり分けるタイプの太川だけに、ベッキーの起用にも否定的だった。