三城千咲がレースクイーン頂点に 「ロンハー」トラップガール疑惑を完全否定

2016年11月15日 17時39分

「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 15―16」に輝いた三城千咲

 レースクイーン(RQ)の三城千咲(26)が「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 15―16」に輝き、15日、都内で行われたプレス発表会に出席した。

 

 吉岡美穂(36)、森下千里(35)、菜々緒(28)らを輩出した「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた三城は身長166センチ、B85・W58・H87でEカップ“美乳”が自慢の美女だ。

 

 一方で、2020年東京五輪に向けて手話を習得。手話パフォーマーとして社会貢献する姿勢が評価された。「将来は『みんなの手話』に出演されているV6の三宅健さん(37)のように、テレビに出演して手話を広めたい」という。

 

 自慢の“美乳”については「友達がCからEカップにアップしたよ、とおっぱいマッサージクリームを紹介してくれた。私もマッサージしたら確かに張りが違う。これからもマッサージを続けて形を保っていきたい」と語った。

 

 ところで、三城といえば、ネット上でバラエティー番組「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)に出演し、トラップガールを務めたとの情報が流れているが、これは全くのデタラメなのだとか。

 

「ロンハーに出演していないどころか、まだ一度もテレビ自体に出たことがない。好きな番組なので、ぜひ出演したい。よろしくお願いします」。“ウソから出たまこと”になるか注目される。

 

 イベントには前年受賞者の早瀬あや(23)も出席し、三城にトロフィーを授与した。