アイドルから女優へ…桜井日奈子の目標は2人の若手演技派女優

2016年11月15日 11時00分

ファースト写真集の発売記念イベントを行った桜井日奈子

 2014年の岡山美少女・美人コンテストでグランプリを獲得し、「岡山の奇跡」と注目されて昨年ブレークしたタレントの桜井日奈子(19)が13日、ファースト写真集「桜井日奈子です。」と、2017年カレンダーブックの発売記念イベントを都内で行った。

 桜井は4月に大学進学で上京。上京後は見ない日はないほどCMに出演しており、現在は唐沢寿明(53)が主演する日本テレビ系のドラマ「ラストコップ」(土曜午後9時~)にも出演している。

 一方で渋谷を1人で歩いても「あまり声をかけられないです。誰にも気づかれない」と、露出が多いわりには気づかれないことに複雑そうな表情を浮かべる一幕も…。

 ふとした瞬間に「岡山が懐かしかったりします。たまに寂しくてお母さんに電話したり…」と、ホームシックになることもあるという。

 今年5月に舞台「それいゆ」で女優デビューを果たすと、7月期「そして、誰もいなくなった」(日テレ系)、10月期「ラストコップ」と2期連続でドラマにも出演。「岡山の奇跡」としてブレーク当初はビジュアル重視のアイドル的扱いだったが、現在は女優としての仕事にシフト。桜井自身も目標とする女優に「志田未来さんと二階堂ふみさん」と、若手演技派女優2人の名前を挙げて意識している。

「もともと小さいころから部活でバスケットボールをやっていたので、実力で這い上がることが当たり前という考えの子。当初は北川景子さんを目標にしていたようですが、より年齢の近い2人を現実的な目標に据えたのでしょう。特に共演した二階堂ふみさんには、かなり触発された部分があったみたいです」(芸能関係者)

 新人女優が、数々の賞を受賞してきた2人を目標に掲げるのは早すぎる気もするが、桜井は至って真剣だ。志田と二階堂について「よく作品を見て勉強しています」と、すでに“ロックオン”。12年間も体育会系でもまれてきた精神力で、2人の若手演技派女優に追いつき追い越すことができるか!?