NHK紅白司会決定 紅組・有村「恐れ多い」白組・相葉「悩みました」

2016年11月12日 15時40分

有村架純

 NHKは12日、公式サイトで大みそかの「第67回紅白歌合戦」の白組司会に「嵐」の相葉雅紀(33)、紅組司会に女優・有村架純(23)を起用すると発表した。

 

 相葉は嵐のメンバーとして2009年から7年連続で紅白出場。10年からは5年連続で嵐として司会を務めたが、個人で務めるのは今回が初だ。

 

 一方、13年の連続テレビ小説「あまちゃん」に出演してブレークした有村は、来年4月に放送がスタートする連続テレビ小説「ひよっこ」ではヒロインを務める。紅白の司会はこちらも初めてだ。

 

 2人は以下のようなコメントを発表した。

 

 相葉の話「こんな大役を僕一人がお引き受けできる立場ではないと思い、本当に悩みました…。

でもこの先、僕の人生でこんな有難いお話は一生いただけないと思います。毎年年末に『あの時にお受けすればよかった…』と後悔するよりチャレンジさせていただきたいと決断しました。

今の僕には、ただただ全力で頑張ることしかできませんが、出場歌手の皆さまに気持ちよく歌っていただけるよう精一杯努めますので、どうか皆様よろしくお願い致します」

 

 有村の話「このお話を聞いたとき、私の人生に二度とない出来事だと思いました。この事実を受け入れるにはもう少し時間が必要かもしれません。それほど、私としてはとってもとっても大きな大きな役目でまだまだ力不足ですし、本当に恐れ多い気持ちでいっぱいです。

ですが、司会を務めさせていただけることに感謝の気持ちを持って精一杯やらせていただきたく思います。皆さんと素敵な時間を過ごせるように自分自身も楽しみながら役目を果たせたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします」