思わず“DAI語”封印して熱弁!妻・北川景子とのW紅白出場の目は?

2016年11月12日 11時00分

イルミネーション点灯式に参加したDAIGO

 タレントで歌手のDAIGO(38)が10日、東京・港区のアクアシティお台場で行われた「AQUA XMAS2016」ウィンターイルミネーション点灯式に登場した。

 

 これは映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が23日に公開されることを記念して行われたものでDAIGOは宣伝大使を務める。ひと足先に映画を見たDAIGOは「すでに“MIM”です。“もう1回見たい”」と、持ちネタのDAI語で答えた。

 

 さらに「イルミネーションは誰と見に行きたい?」という質問には「もちろん“FF”がいいかな? あっ、“夫婦”ですよ」と、妻の女優・北川景子(30)と見に行きたいとコメント。続いて今年1年を振り返り「“KSK”な1年。“今年はすごく濃い”。人生で初めて結婚もしたし」とDAI語を全開にした。

 

 ところが「来年はどんな年にしたい?」と聞かれると「来年は僕がやってるバンド『BREAKERZ』が10周年。だから音楽やいろんな活動を頑張っていきたい」と、なぜかDAI語を封印して答えていた。

 

 音楽関係者は「音楽の話になるとDAI語を忘れてしまうほど、真剣になるのでしょう。それくらい『本職の歌手として認められたい』という思いが強い。とにかく『紅白に出たい』という思いが強いんです」と指摘する。

 

 昨年も一部で「紅白確定」と報じられたが、残念ながら落選。本人もツイッターで「ちょっぴり期待したけどダメでしたねえ」とつぶやくなど、悔しさを隠さなかった。

 

 ただ今年は、北川へのプロポーズの言葉だった「KSK」という曲をリリースした。「DAI語で“結婚してください”という意味だが、少しでも目玉が欲しいNHKだから、出場はあるかも。北川が応援に来れば、大きな話題になるでしょうし」(同)

 

 10周年を迎える来年とは言わず、今年の大みそかに“紅白出場”という悲願なるか?