ガッキー人気健在示した「逃げ恥」新たな神話も

2016年11月13日 16時30分

新垣結衣の人気は健在

 新垣結衣(28)主演のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)が予想外の人気になっている。

 

 歌手兼俳優の星野源(35)演じる草食男子と契約結婚する高学歴女子のコメディードラマだが、視聴率は10・2%→12・1%→12・5%→13・0%→13・3%と右肩上がりで、今期民放ドラマでは米倉涼子の「ドクターX ~外科医・大門未知子~」、水谷豊の「相棒 season15」、石原さとみの「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」に次ぐ4位に躍り出た(3位とは0・06ポイント差=11月10日現在)。

 

「逃げ恥」のヒットの要因として、エンディング曲「恋」のダンスが挙げられる。星野が歌う曲に乗せて新垣や星野、石田ゆり子、古田新太ら出演者が踊るダンスが、女性視聴者の間でかわいいと話題になり、公式動画の再生回数はなんと570万回を超えている。

 

「もともと曲のMV用に振り付けられたもので、振付師はMIKIKO。今夏のリオ五輪閉会式の引き継ぎ式トーキョーショーも担当し、Perfumeの振り付けや福山雅治、椎名林檎のライブ演出で知られる。誰でも簡単に覚えられるかわいいダンスと、子供や女子高生などにも広がっています」(ドラマ関係者)

 

 ドラマの設定も現代に沿ったラブコメディーと評価が高まっている。

 

「新垣が演じる女性は大学院卒ながら派遣社員をクビになり、家政婦のバイトをする中で、IT企業勤めの高学歴草食男子と給料が発生する契約結婚をする。同じ契約結婚のドラマとしては昨年1月クールに柴咲コウの日本テレビ系『○○妻』がまずまずの視聴率を稼ぎましたが、それを上回る作品になる可能性もある。視聴率データでは仕事と結婚問題を抱えるF1層(20~34歳女性)が特に興味を持っていることがわかる」(同)

 

 さらに、男性視聴者の獲得にも成功しているという。新垣といえば清純、正統派美少女として人気だったが、気づけば28歳。出演作では若妻を演じる年齢になった。

 

「M2層(35~49歳男性)はこんな奥さんがいたらなぁ~と夢を抱くし、M3層(50歳以上の男性)は娘や息子の嫁、孫娘としてガッキーを見るわけです。今どきのスレた女性ではなく、色気はあえて出さないけど、美人でかわいい新垣の女性像がウケている」(芸能プロ関係者)

 

 新垣人気の背景には、過去のプライベートでの男性遍歴で大ダメージがなかったことがある。直近では2013年、ジャニーズ事務所の錦戸亮(32)とお互いの自宅を行き来する“通い愛”がフライデーされた。

 

「仲が良かったのは間違いないですが、相手がジャニーズですし、新垣も事務所にとっては大事な存在ですからね。双方の事務所に反対され、新垣本人も、その後の錦戸の言動で本気度に疑問が出たようで、別れたようですね」(テレビ関係者)

 

 ドラマ「リーガルハイ」(フジテレビ系)、「掟上今日子の備忘録」(日本テレビ系)で共演した岡田将生(27)との“隠密愛”も噂されている。岡田とは来年3月放送予定のNHK「絆~走れ奇跡の子馬~」で再共演する。

 

 前出の芸能プロ関係者は「岡田が『ガッキーが大好き』と公言したことがあるから出た噂のようですが、仕事以外、プライベートでは付き合いはないはず。これまでいろんな交際の噂や報道があったにせよ、新垣のイメージはいまだに清潔感や“処女性”がある。だから『結婚したい女性ランキング』や、CMスポンサーの起用したいタレントのリストの上位に10年近くランクインしているのです」と語る。

 

 ドラマ不況の中、ヒットすれば、さらなるガッキー神話が生まれそうだ。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)