秦基博 クリスマスツリー点灯式で「まさかサンタの格好をするとは」

2016年11月09日 20時01分

サンタクロース姿で登場した秦基博

 シンガー・ソングライターの秦基博(36)が9日、神奈川・横浜ランドマークタワーで行われたクリスマスツリー点灯式に、サンタクロース姿で登場した。

 秦は宮崎生まれながら横浜育ちのハマっ子。高さ8メートルのツリーを前に最新曲「70億のピース」、人気曲「ひまわりの約束」を弾き語りでしっとり歌い上げると、その美声に涙ぐむ女性ファンもいた。

 ただ「ひまわり――」のイントロで珍しくミスしてしまい、ギターを弾く右手が止まってしまう。「カッコいい!」と女性ファンからフォローの声が飛んだが「カッコよくないでしょ」と苦笑い。「単純なミスです」と頭をかいた。

 今年のクリスマスについては「イブイブ(12月23日)が福岡でツアー最終日。その(打ち上げで)二日酔いだと思います」と笑わせた。大みそかのNHK紅白歌合戦には「チャンスがあれば」と話した。

 メジャーデビュー10周年を迎え「10年前にデビューした時には10年後、サンタの格好をするとは思いもよらなかった」としみじみ。写真撮影時に見せた笑みを「営業スマイル」「100億ドルの笑顔」などと自虐的に話し、「いつから僕はこうなったんだろう」とニヤリ。10年の時を経て、トークもすっかり上達した。

 ツリーは来月25日まで。