鈴木奈々「夫婦ネタ」で生き抜くずぶとさ

2016年11月10日 11時00分

それぞれデザインした靴を手に栗原(左)と笑わせた鈴木奈々

 タレントの鈴木奈々(28)、モデルの栗原類(21)、俳優の渡辺裕之(60)が8日、今年もっとも靴が似合う、日本の革靴を美しく履きこなせる有名人に贈られる第9回「日本シューズベストドレッサー賞」に選ばれ、都内で行われた記者発表会に出席した。

 鈴木は副賞として自身がデザインした黒い大人なヒールを手にし「今年で一番、幸せ。これを履いてダンナさんに愛される女性になりたい。もっと愛されたいし、これを履けば興奮して抱いてくれるかな」と笑った。 鈴木は2014年1月に一般男性と結婚。報道陣から「もう一つのうれしい報告は?」と妊娠を聞かれると、鈴木は「(夫と)『欲しいね~』とは言ってますけど、まだ予定はないんですよ。自然に任せたい」と告白。すると、隣の栗原が真顔で「練習しないんですか?」と直球質問。「練習してます!」と照れる鈴木に渡辺も「愛がすべて」と助言し、再び鈴木が「練習します」と宣言し、会場を笑わせた。

 最後に鈴木が「練習したら報告しま~す」と言うと、栗原は「どうやって知るの?」。これに鈴木は「LINE教えるよ。私、栗原くん、大好きなんだから」と“エッチの報告”まで約束した。

 テレビ関係者は「約5年間という交際のため、新婚中に倦怠期を迎え、週刊誌に家庭内別居と書かれた。実際、当時はほとんど会話もなかったほど。今は修復し、最近は『早く子供が欲しい』といろんな場所で言ってますが、鈴木は番組などで“夫婦ネタ”が鉄板ですから。妊娠して子供が生まれても、夫婦仲の危機をにおわせたり、オノロケ話を明かしたりしながら、芸能界を生き抜いていくと思いますよ」と鈴木のずぶとさを語っている。

 おバカキャラでブレークした鈴木のマイナーチェンジ真っ最中といったところか。