米在住の野沢直子 トランプ大統領になったら「ブラジルに移住します!」

2016年11月09日 09時19分

野沢直子

 米サンフランシスコ在住のタレント・野沢直子(53)が9日、TBS系朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」で米大統領選に言及した。

 優位に立つ民主党のヒラリー・クリントン候補(69)が史上初の女性大統領になるか、共和党のドナルド・トランプ候補(70)の逆転なるか? 9日午前8時(日本時間)から各地で開票が始まり、昼すぎには大勢が判明する見込みだ。

 サンフランシスコ在住の野沢は、同番組に電話出演。永住権を持っているが選挙権は持っていないと明かした上で「夫と子供はヒラリーさんに投票しました」と話した。

 舌戦ばかりの大統領選について「学級委員がいない小学生のケンカ」とバッサリ。トランプ候補について、当初から「髪形とか、生理的にイヤ」と感じていたそうだが「ここまで残っていることにビックリしている」と語った。クリントン候補は“資金スキャンダル”でトランプ候補を突き放せなかったが、野沢は「トランプが大統領になったら、アメリカは終わりです!テリーさん(コメンテーターのテリー伊藤氏)が大統領になるみたいなものですよ」と熱弁。それから「そうなったらブラジルに移住します」と話し、スタジオを笑わせた。

 今後については「来年の夏あたり、日本に出稼ぎに行きます」と話した。