三山ひろし 2年連続紅白出場誓う「気持ちを高めたい」

2016年11月08日 16時01分

「四万十川」の10万枚突破記念イベントを行った三山ひろし

 演歌歌手・三山ひろし(36)が8日、東京・港区の東京タワー特設ステージでシングル「四万十川」の10万枚突破記念イベントを行い、集まったファン300人の前で2年連続の紅白出場を誓った。

 

 4日から都内を走っているラッピングバスをバックに「四万十川」のほか昨年、大ヒットした「お岩木山」などを熱唱した三山。「田舎のおじいちゃん、おばあちゃんからは『年末のステージで歌えるように』と言われている。2年連続出場できるように頑張りたい」と宣言し、ファンから喝采を浴びた。

 

 イベントでは東京タワーのイメージキャラクター「ノッポン」から、紅白の色をあしらった東京タワーのぬいぐるみをプレゼントされた。2年連続の紅白出場が願われてのもので「家に飾って気持ちを高めたい」と語った。

 

 また、先日、発表された2016年のゆるキャラグランプリでは、高知県須崎市のニホンカワウソをモデルにした「しんじょう君」が優勝。高知県出身の三山は「日本一になるのは大変。しんじょう君を追い風に頑張っていきたい」と話した。