写真週刊誌の記者役・二階堂ふみ 実は“パパラッチ大嫌い”

2016年11月09日 11時00分

二階堂ふみ

 俳優・福山雅治(47)が主演する現在公開中の映画「SCOOP!」では、女優・二階堂ふみ(22)がヒロインを演じている。写真週刊誌の新人記者役なのだが、撮影現場では、“記者らしからぬ”ひと言を放っていたという。

 映画は写真週刊誌を舞台にしており、福山はかつて数々のスクープ写真で伝説の存在になるも、今は芸能スキャンダル専門のパパラッチという役どころ。コンビを組む新人記者が二階堂だ。劇中では、初めはミスをして周囲とのあつれきも生まれるが、徐々に成長していく姿が描かれている。

 人気芸能人と写真週刊誌は“水と油の存在”。とはいえ二階堂も映画で写真週刊誌の現場の模様を知れば、少しは理解を示してもおかしくないと思われたが…、まったくそんなことはなかったという。

「映画では、福山演じるパパラッチと打ち解ける二階堂ですが、現実では絶対になさそうです。なぜなら現場で撮影中にもかかわらず『私、パパラッチが大嫌いなんです!』と公言していましたからね。さすがにそれを聞いた周囲は苦笑いするしかなかった」(映画関係者)

 気が強いことで有名な二階堂らしいエピソードだが、これまでもよくカメラマンの“標的”になっているだけに、ストレスがたまっているのかもしれない。

「過去には新井浩文、星野源、菅田将暉らとの熱愛が次々と報じられ、一部では“新・魔性の女”とも呼ばれています。よく相手の男性が変わることから、定期的に写真誌のカメラマンが二階堂の近辺を張り込んでいるようです」とワイドショー関係者は明かす。

 写真週刊誌の記者よりも、熱愛をスクープされる女優役で出演したほうが、適役だったかもしれない!?