藤岡弘、「素手では無理」野生動物とは「戦おうと思わないほうがいい」

2016年11月07日 16時14分

ライオンを抱く藤岡弘、

 俳優の藤岡弘、(70)が7日、都内で行われた米ドラマ「ZOO‐暴走地区‐」のDVDリリース記念イベントに登場した。

 同作は、突然変異で人間を襲うようになった動物たちと5人の各界のエキスパートによる壮絶な戦いを描いたパニックドラマ。昨年に全米でヒットを記録した作品がいよいよ日本で解禁される。

 物語にちなんで生後3か月のメスのライオン・ライアちゃんが登場。すでに体重10キロもあるが、藤岡は軽々と抱っこして、背中をポンポンと叩いてあやした。ジャングル探検番組「藤岡弘、探検シリーズ」(テレビ朝日系)で各国でのサバイバルを6年、経験しただけに、百獣の王の子供でも慣れたもの。

 ライアちゃんは藤岡の左腕をがぶりとかんだが「本能で(かんだり、ひっかいたりして)きた。子ライオンでもナメちゃいけない」と冷静だ。

 ただ、野生の動物については「素手で(相手するの)は無理。戦おうと思わないほうがいい。人間なんてちっぽけな存在」とキッパリ。〝隊長〟の愛称を持つ藤岡でもかなわないという。

 今後の「探検シリーズ」挑戦には「そろそろ辞めたほうがいいかな」と〝卒業〟も視野にあるようだ。

「ZOO‐暴走地区‐」のDVDは9日にリリースされる。