℃―ute岡井「夜遊び報道」謝罪 解散前に卒業も意識

2016年11月04日 19時04分

ライブリハーサルを行った℃-ute

 ハロー! プロジェクトのアイドルグループ「℃―ute」(リーダー・矢島舞美=24、中島早貴=22、鈴木愛理=22、岡井千聖=22、萩原舞=20)が4日、東京・渋谷区のタワーレコードで30枚目の新シングル「夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~」の発売記念イベントを行った。

 

 ℃―uteが来年6月での解散発表後初めてのシングルをリリース。3曲ともグループの新たな魅力を引き出す曲で「Singing~あの頃のように~」は“育ての親”であるつんく♂(48)がプロデュースした。

 

 岡井は「私たちを知っているつんくさんだから書ける曲です。まるで私たちの最後の曲みたいな感じ。だけど、まだ、新曲はあると思いますよ。さすがに最後ではないと思う」と笑わせた。

 

 そんな岡井は先日、写真週刊誌に「夜遊び現場」を報じられた。話題がそれに及ぶと、岡井は「お騒がせして申し訳ありません。男友達と飲みにいくことは公言しているけど、アイドルなので、ちゃんと意識して行動するべきだった」と謝罪。記事の掲載が分かった時には「あ、終わったなと。別に何もなかったんですけど、どういう書かれ方するんだろうなと思いました」と解散前のグループ卒業も意識したという。

 

 リポーターに話を振られた矢島は「怒りました」と即答。「あと8か月しかないので、また気持ちをひとつにしなきゃいけないと思いました。(岡井からも)『ごめんね、と。また頑張りたい』ということだったので」と話した。

 

 責任感の強い矢島の“怒りオーラ”に、バラエティーキャラの岡井の笑顔も、この日ばかりは引きつり気味だった。