ジャネット 第1子のミドルネームに「マイケル・ブランドン」と命名

2016年11月06日 16時30分

ジャネット(右)とウィサム氏(インスタグラムから=@janetjackson)

 米人気歌手ジャネット・ジャクソン(50)が、12月に出産予定の第1子に「マイケル・ブランドン」と名付けることがわかった。米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。

 

「マイケル・ブランドン」には、2009年に急死した兄のマイケル・ジャクソンと、ジャクソン兄弟の四男マーロン・ジャクソン(59)の双子の弟で、生後間もなく死亡したブランドン・ジャクソンの2人にささげる意味が込められているそうで、ジャネットの夫でカタールの大富豪ウィサム・アル・マナ氏(41)も賛成しているという。

 

 ちなみに「マイケル・ブランドン」はミドルネーム。ファーストネームはウィサム氏が命名し、ラストネームは「ウィサム」になるとか。

 

 ジャネットは12年にウィサム氏と結婚。昨年、7年ぶりのアルバム「アンブレイカブル」をリリースし、ワールドツアーを行っていたが、喉の腫瘍手術のため、12月に16年1月以降のツアーを延期することを発表した。その後ツアーを再開する予定だったが、今年4月に「夫と家族をつくることを計画している」と妊活に専念することを発表。このときすでに妊娠していたが、10月12日(現地時間)に正式に妊娠を公表した。

 

 ジャネットは10月下旬に、妊娠発表後初めてロンドンでウィサム氏とともに公の場に姿を見せた。夫の影響でイスラム教に改宗したジャネットはイスラム様式のドレス姿で登場。大きなおなかが目立ち、かなり太っていた。