さや姉「夢だった」初ソロライブ 名古屋でスタート

2016年11月02日 21時47分

初のソロライブを行った山本彩 (C)Sayaka Yamamoto

 NMB48の山本彩(23)が2日、名古屋市内のZepp Nagoyaで「LIVE TOUR 2016~Rainbow~」をスタートさせた。

 山本にとって、この日が初のソロライブとなるだけに、1曲目の「ヒトコト」から会場は大盛り上がり。5人編成のバンドを従えた山本は、10月26日に発売されたばかりのファーストアルバム「Rainbow」の楽曲を中心に17曲を歌い上げ、1800人の観客を興奮の渦に巻き込んだ。

 アンコールではAKB48で初めてセンターを務めた「365日の紙飛行機」をバンドバージョンで披露。「自分で曲を作って、ライブをして、というのがグループに入る前から思っていたこと。グループに入ってから口に出すことで応援してくださる皆さんとともに、追いかけてきた夢がかなったことはうれしくて幸せに思います。自分の可能性をどんどん広げられたらと思うので、これからもよろしくお願いします」と感謝の言葉を述べると、満員のファンは一斉に「さやか」コール。これには山本も思わず涙ぐみ、会場はさらに大きな歓声と拍手に包まれた。

 山本のライブツアーはこの後、東京(8日)、札幌(14日)、そして本拠地である大阪・難波(21、22日)で行われる。