高橋克典 熱気球に乗って映画祭登場「気球って熱いんですね」

2016年11月02日 20時06分

左から高橋克典、戸田恵子、中山秀征

 俳優の高橋克典(51)、中山秀征(49)、女優・声優の戸田恵子(59)が2日、東京・二子玉川で行われた「キネコ国際映画祭 2016&TIFF」(6日まで)のオープニングセレモニーに参加した。

 小雨まじりの曇天の中、3人は熱気球に乗って登場。高橋が「気球って熱いんですね」と話すと、すかさず中山は「毛髪注意です!」。実際、3人を乗せた気球は何度も「ゴォー」と音を立てながら火炎を噴射して、宙を舞った。

 一方で戸田は「気球はとっても寒かったです。早く下りたいと思った」。それでも「この映画祭も、もっともっと上昇していってほしいと思っていました」と、寒さと映画祭の発展の狭間で葛藤していたようだ。

 この日、3人はショートムービー「ほんとうのともだち」の生吹き替えを多くの観覧客の前で披露。今回が初参加だった高橋は「(気球も含めて)恐ろしいことばかりでした。昨年、初めて子供を連れてキネコ国際映画祭を見に来て、本当に素晴らしい映画ばかりだったから『いいですね!』って言ったら、まさかの生吹き替え。こんな恐ろしいことが待っていたとは…」。

 観覧客として訪れた映画祭で、翌年に野外で生吹き替えを披露するハメになるとは、本人も想像すらしていなかったようだ。