“カープ女子”加藤紗里が落胆「緒方監督のコスプレまで準備してたのに…」

2016年10月31日 23時11分

タレント・加藤紗里

 自称“カープファン”のタレント・加藤紗里(26)が31日、自身のブログで、一部のカープファンの日本シリーズは「お前のせいで負けた」という批判に反論した。

 

「紗里のせいでカープが負けたか検証してみた。。。の件」と題し「お前のせいで負けた。。。とかめっちゃコメント入ってるけれども キミたち、、、そんなことが起こったら、日本全国びっくりドンキーだよ」と批判の声を一蹴。

 

 広島は本拠地・マツダスタジアムで行われた第1戦、第2戦と連勝し、敵地・札幌ドームに乗り込んだ。連勝発進した時点で、札幌で3連敗しても再びマツダスタジアムで戦える状況になったわけだ。

 

 加藤は「だって紗里の予想は、広島球場に帰ってきてから2連勝して勝つ!って予想だったから だから試合見ないで 余裕かましてマークパンサーとエアDJでハロウィンしちゃってて・・・」と本拠地での胴上げを予想していたと主張。

 

 ところが、札幌ドームで3連敗した広島はマツダスタジアムでの第6戦で完敗。「だって、負けるって思ってないじゃん・・・広島に戻ったから余裕だと思ったから、ラストの1試合めちゃ応援しようと思ってて」と、第6戦が行われた29日はマーク・パンサーと初クラブイベントを開催していたという。

 

 それだけに、広島の敗戦を知った時はショックが大きかったようで「そしたら、まさかの負けた・・・ってニュースが・・・えええ ハロウィンで緒方監督のコスプレまで準備してたのに・・・どうすればいいんだ~~~」。

 

 もちろん、広島ファンをやめるつもりはない。「生まれも育ちも広島ですんで、これからもシクヨロでよろしく~」と宣言し「ひどいコメントとかやめてよ~~」と訴えた。