北京五輪メダリストのスポーツキャスター・宮下純一氏が結婚

2016年10月31日 14時59分

スポーツキャスターの宮下純一氏

 北京五輪競泳銅メダリストでスポーツキャスターの宮下純一氏(33)が結婚することが31日、分かった。所属事務所が、11月1日に婚姻届を提出すると発表した。

 

 発表によれば、相手の女性は34歳の一般女性。出会いは2011年の秋で、友人を交えて食事をする仲だったが、昨年秋から本格的な交際がスタートした。宮下は「とにかく気がきく人で、周りの人を大切にする。それが彼女にひかれた一番のポイント」と明かしたという。

 

「おしゃれな店より、赤ちょうちん」というタイプで、焼酎好きの宮下氏に合うそうで、ゴルフとギョーザが好きな2人の初デートは「栃木県内のゴルフ場を周って、宇都宮でギョーザを食べる」というものだった。結婚を決めた理由は「金銭感覚や価値観が同じこと」だという。

 

 同居はこれからで、挙式・披露宴の日程は未定。

 

 宮下氏は2008年北京五輪に出場し、競泳男子100メートル背泳ぎで決勝進出(8位)、同400メートルメドレーリレーでは日本チームの第1泳者として銅メダルを獲得した。引退後はタレントに転向しスポーツキャスターとして活躍。現在はNHK「あさイチ」、TBS「ひるおび」、TOKYO MX「カウントダウン東京」、CBC「サンデードラゴンズ」と4本のレギュラー番組に出演している。