浅田舞 にわかじゃなかったカープ愛「広島に応援行った」

2016年10月29日 16時09分

冬季アジア札幌大会PRイベントに登場した浅田舞

  元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞(28)が29日、都内で行われた、冬季アジア札幌大会PRイベントに登場した。

 

 大会は2017年2月に行われ、アジアトップクラスのアスリートが集う。フィギュアの代表はまだ決まっていないが、妹・真央(26)の出場に関して「私がPRしてますから、そりゃ出てほしいですけど…。これから日本を背負っていく選手がたくさん出場して、札幌を盛り上げてもらいたい」と笑顔で話した。

 

 もし、真央が出場すれば、一緒に北海道のグルメを堪能したいという。「以前にも試合とかアイスショーで、北海道で一緒においしい海鮮系のものを食べたことがあります。あと特にジンギスカンは、土地に行って食べると全然違う! 出場した場合、必ずジンギスカンを食べてほしい」

 

 北海道といえば現在、日本ハムが広島と日本シリーズで大熱戦を展開している。広島の大ファンの舞は「第2戦を広島に“弾丸”(ツアー)で見に行ったんです。どうですかねえ…。このことをしゃべると炎上しちゃうんですよ、私。熱い試合を見せてください」と言いながらも、どこか歯切れが悪い。

 

 北海道のPRの仕事を請け負ったため、どちらを応援するか言いづらいということもあるだろうが、それだけではない。愛知出身とあって「中日ファンで、にわか」と“にわか広島ファン”疑惑も報道されており、ひいきの野球チームに関してはナーバスになっている。

 

 それでも、第7戦にもつれ込んだ場合、先発もある黒田博樹投手(41)に対して「引退を決めてしまいましたが、ファンに与えてくれたものはすごく大きいと思います」とエールを送った。