石田純一 三原じゅん子氏“24歳差婚”に「常識外を乗り越える覚悟が必要」

2016年10月28日 09時43分

石田純一

 タレントの石田純一(62)が28日、TBS系朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」に出演、元女優で参院議員の三原じゅん子氏(52=自民)の“再々婚”に言及した。

 三原氏は26日にブログで、24歳年下の元公設秘書・中根雄也氏(28)と結婚すると報告。この日、特別コメンテーターとしてスタジオに招かれた石田は2009年に東尾理子と結婚。当時「22歳差婚」が大きな話題となった。

 石田と三原氏に共通するのは「再々婚」「年の差婚」。MCのTOKIO・国分太一(42)から、年齢差の大きいカップルの恋愛事情を聞かれた石田は「もう失敗はできないですからね。相当な覚悟があります」とキッパリ。「世代が違う、壁が高いとか、世間から見れば常識外なんですよ。(2人で)それを乗り越えていこうという気概とか決意があるんです」と、年の差カップルが結ばれる秘訣を明かした。そして、これまで大変だったことは?の質問には「今のところはない」と言い切った。

 MCの真矢ミキ(52)は「お相手の男性が生まれていない期間、ここ20年くらいの話しかできない。違う世代の人間として尊重しあうわけですよね。刺される覚悟で言いますけど、私とシゲちゃん(コメンテーターのNEWS・加藤シゲアキ=29)が結婚みたいなものです」と世代の壁を不安がった。だが、加藤は「気になりません」とひと言。「一緒に仕事をしているし、これからの未来についての話もできます」のコメントに真矢は「素直にうれしいです」と笑みを見せた。