NMB48山本彩 初ソロアルバム1位で「ブルマーツアー」公約

2016年10月26日 20時17分

ソロアルバムの発売記念スペシャルイベントを開催した「NMB48」山本彩

 人気アイドルグループ「NMB48」山本彩(23)が26日、都内で初のソロアルバム「Rainbow」の発売記念スペシャルイベントを開催した。

 

 アルバムのリード曲「雪恋」、シンガー・ソングライターのスガシカオ(50)が楽曲提供した「メロディ」、山本自身が作詞作曲した「レインボーローズ」の3曲を披露。詰めかけた約2000人の観客から歓声を浴びた。

 

 山本は6月からアルバム制作に取りかかったことを明かし「NMBにいた6年間の思いを歌にしてきた。100、120%出せたアルバムです。山本彩という人間を知ってもらいたい」とアピールした。

 

 NMB48は、デビューシングル「絶滅黒髪少女」(2011年7月20日)がオリコン週間ランキングで初登場1位を取れなかった場合、ブルマー姿で公演することを約束。1位を獲得して回避できたが、ファンの要望もあって結局はブルマー姿で歌唱した。そこで報道陣から〝ブルマー公約〟を求められると、同作が週間売り上げランキング1位を獲得した場合には「ブルマー姿でのライブ」を公約に掲げた。

 

 当時を思い出しながら「(アイドルとして)6年目の今、改めてブルマーになってもいいのかな」と戸惑いながらも、ファンに「1位を取ったらどうする?」と問いかけると「ライブ!」「ツアー!」を要求する声が沸き起こった。山本は「ブルマーツアー? 変態過ぎるやろ!」と突っ込みつつも「なら、お披露目したいと思います」と約束した。

 

 NMBでは渡辺美優紀(23)、上西恵(21)らメンバーの卒業が続いている。山本は「卒業メンバーも夢を追いかけて卒業するので、背中を押したいなと思います。私が今やっている活動が残っているメンバーの希望になれればいい」と前を向き、自身の卒業は「まだ考えられないかな。まだ大丈夫です、と今は言っておきます」と語り、ファンを大喜びさせた。