高樹沙耶容疑者を変えた「大麻草検証委員会」代表との同棲

2016年10月26日 16時45分

石垣島のジャングルの中にあるペンション「虹の豆 浮世離れ」(フェイスブックから)

 25日、沖縄県石垣島の自宅で大麻を隠し持っていたとして厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(通称マトリ)に現行犯逮捕された元人気女優高樹沙耶容疑者(本名・益戸育江=53)。

 高樹容疑者と親しかった友人らは、口を揃えて「逮捕されるのが遅すぎた」と語る。「親しい友人たちに大麻を礼賛し、吸引を勧めていたのは4年くらい前から。石垣島で『大麻草検証委員会』の代表の森山繁成容疑者(58)と同棲してから言動に歯止めがかからなくなった」(かつての友人)

 高樹容疑者は人気ドラマシリーズ「相棒」のシーズン10の第1話(2011年10月放送)まで出演。主演の水谷豊演じる杉下右京の元妻で小料理屋の女将を演じて再ブレークした。「相棒」は現在再放送中だが、高樹容疑者出演のシーズン7・第13話が25日、逮捕を受けて急きょ出演がない作品に差し替えられた。

 11年3月に起きた東日本大震災による福島原発事故が「怖い」として石垣島に移住。「移住前は千葉県南房総市で地元の有力者やボランティアに支えられながら、エコハウスやカフェを経営。『相棒シーズン10』がスタートしていたんですが、高樹は当時の事務所に無断で移住し、無責任すぎると怒りを買った」(芸能関係者)

 石垣島移住後、自身のブログで「大麻草検証委員会」の幹事就任を表明し、島に大麻草を植えたことが発覚、一度は石垣島を追われた。

「千葉の南房総市に森山容疑者と一緒に戻って来るんですが、黙って出て行ったんだから歓迎されるわけがない。にもかかわらず森山容疑者は地元の有力者に『俺は沖縄勝手連のナンバー2。兄弟分になろう』とチンピラまがいの発言。その有力者は千葉の土地に大麻草を植えられたら大変なことになると『二度と足を踏み入れるな』と森山、高樹両容疑者を追い返したんです」(元関係者)

 再び石垣島に戻った高樹容疑者は昨年2月に「虹の豆 浮世離れ」というリゾート施設をオープンさせた。

 そこを訪れた友人は「高樹容疑者から、木の上に作った2畳ほどの小さいハウスを『200万円で買わない?』と言われ、同時に『アンチエイジングにいいから』と大麻を勧められましたが、断って帰ってきました。以来、会っていません」とあきれていた。