坂口杏里 ツイッターでもお騒がせ「大人の事情で言えないのが悔しい」

2016年10月26日 05時00分

ツイッターでもお騒がせ中の坂口杏里

“おバカ”2世タレントの坂口杏里(25)はANRIとしてアダルトデビューした先月14日にツイッターを開設した。つぶやく回数が増えるごとに芸能界は荒れ模様だ。

 開設当初はDVDのリリースなどを報告する程度だった。6日に、かつての恋人・小峠英二(40)がテレビで「トップを取って」と発言したことに、「大好きだったょ」と訴え、「ビジネスじゃない」とビジネス交際疑惑を否定。さらに「やるからには誰に何を言われてもどれだけストレス抱えてもトップになりたいなー」とつぶやいた。

 ここまでは大きな問題にはならなかったが、10日にはかつての所属事務所の先輩でタレントの重盛さと美(28)を「腹黒い」と非難したあたりから物議を醸すようになった。

 あるテレビ番組で重盛が「(坂口は)唯一連絡を取り合う後輩でした」と親しげにコメントしたが、これに坂口が「唯一連絡取ってたって取ってなかったんだけど…」とコメントを否定し、「さすが腹黒いや」と切って捨てたのだ。

 この発言に重盛が反論。後輩タレントも、自身のツイッターに重盛と坂口のツーショットを掲載し、「連絡先知らずにどうやってカラオケ&焼肉行けますか?」と突っ込みを入れるところまで話が発展した。

 さらに、タレントの熊切あさ美(36)がテレビ番組で面識もない坂口から男性タレントの連絡先を知りたい、とツイッターを通じてメッセージが届いたことを暴露。この熊切の発言直後、坂口はツイッターを更新し、「あー我慢我慢 悲しいわ!それだけ!いいたいこといっぱいあるけど大人の事情で言えないのが悔しい」と怒りを爆発させた。