平幹二朗さん最後の出演“月9”「カインとアベル」第2話視聴率8・6%

2016年10月25日 11時23分

平幹二朗さん

 俳優・平幹二朗さん(享年82)が最後の出演をしたフジテレビ系“月9”ドラマ「カインとアベル」の第2話が24日に放送され、平均視聴率は8・6%だったことが25日、わかった。

 

 主演のHey!Say!JUMP・山田涼介(23)の祖父役として出演していた平さんが23日に亡くなってから初の放送。冒頭に平さんを追悼するテロップが表示された。

 

 平さんは第3話以降もともと出演予定がなかったため、この日が最後の出番となった。

 

 ドラマは兄(桐谷健太)と比較され、何をやっても認めてもらえない主人公の優(山田)が、仕事や恋に悩むヒューマンラブストーリー。旧約聖書の兄弟の物語「カインとアベル」が原案。

 

 初回の平均視聴率は8・8%と、昨年7月期「恋仲」の9・8%を下回り、「月9」初回最低を更新していた。

 

(※数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)