宇多田ヒカル 女性オリジナルアルバムでは9年9か月ぶり4週連続首位

2016年10月25日 04時00分

宇多田ヒカル「Fantôme」CDジャケット

 宇多田ヒカル(33)の最新アルバム「Fantôme」(9月28日発売)が週間4万6000枚を売り上げ、今週発表の10月31日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間は10月17~23日)で、初登場1位(10月10日付)から4週連続で1位を獲得した。

 4週連続のアルバム1位獲得は「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」のベスト盤とオリジナル盤のセット作品「THE BEST/BLUE IMPACT」(2014年1月発売=最高4週連続)が14年1月27日付で達成して以来2年9か月ぶり。女性アーティストとしては安室奈美恵のベスト盤「BEST FICTION」(08年7月発売=最高6週連続)が08年9月1日付で達成して以来8年2か月ぶりとなる。

 また、単独のオリジナル盤では「コブクロ」の「5296」(07年12月発売=最高4週連続)が08年1月21日付で達成して以来8年9か月ぶり。女性アーティストのオリジナル盤では倖田來未の「Black Cherry」(06年12月発売=最高4週連続)が07年1月22日付で達成して以来9年9か月ぶりの快挙となった。

 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」や、日本テレビ系「NEWS ZERO」のテーマ曲「真夏の通り雨」など全11曲が収録された「Fantôme」は、今週付時点で46万5000枚の累積売り上げを記録している。