りゅうちぇる 吉本新喜劇初登場「すごいふざけている人たちばかり」

2016年10月23日 18時43分

吉本新喜劇に出演したりゅうちぇる(左)

 タレントのりゅうちぇる(21)が23日、大阪市のインテックス大阪で開催された、女性が楽しめる音楽ライブやエンターテインメントショーのフェス「日本女子博覧会」内で、吉本新喜劇に初出演した。

 約15分間の特別版・吉本新喜劇に登場したりゅうちぇるは、ヤクザの若い衆役として黄色のスーツで登場。「出身はちぇるちぇるランド! ちんすこう、サータアンダギー、マングース、首里城があるの」と、初新喜劇でもキャラのブレのなさを見せつけた。

 兄貴分役のランディーズ・高井俊彦(41)に「今まで一度も吉本新喜劇を見たことがないらしい。ちぇるちぇるランドでは流れてないらしいから」と暴露されたが、ゴリラ芸で知られる森田まりこ(36)とゴリラ歩きで舞台を駆け抜けたり、「カモ~ン」と色目を使う山田花子(41)に「ぺこり~ん!」と駆け寄るなど、新喜劇のコテコテギャグに染まり切った。

 終演後は「みんな、すごいふざけている人たちばかりで面白かったです。ありがと~!」と笑顔で感想を語った。