「外国の人面犬」に山口敏太郎氏が遭遇!?

2016年10月22日 10時30分

 オカルトやUFO、UMA関連の話題では、数年前にネットを騒がせたものが再び出回って注目されるということがよくある。

 少し前に話題になったものが、テレビなどで衝撃映像として取り上げられることも多い。オカルト関連の特番で、派手なUFO動画や異形のUMAの動画が紹介されるが、一度別の番組で見たものだったという経験がある人もいるだろう。

 そんな衝撃映像として有名なものが、「外国の人面犬」だ。マンティコア、キメラなどの名前で紹介されることもあるもので、海外で撮影された非常に画質の粗い動画だ。

 動画の中にはケージに入った犬のような生物がいるのだが、首から上が人間なのだ。長い髪を振り乱し、目の回りが赤黒く染まった明らかに異質の生物の顔をもつその生き物は、人間と意思疎通ができるようで、首を動かしながら受け答えする様子が捉えられている。果たして、このような生物が存在し得るのだろうか?

 実は、まさしくこの人面犬と同様の生物を目撃できる機会があったかもしれない人物が日本にいた。それは、「ミステリーニュースステーション アトラス」を監修している作家でオカルト研究家の山口敏太郎氏である。

 山口氏は数年前、東南アジア諸国を旅行で訪れたのだが、タイで奇妙な見せ物の公演が行われていたことを知った。公演内容に関する解説文と共に写真があったそうだが、そこにはまさしく動画にあった「外国の人面犬」そのものの姿が写っていたという。

 残念ながら公演はかなり遅い時間に行われる予定で、移動の時間も差し迫っていたために実演を見ることはかなわなかったそうだ。しかしながら、解説文には英文も併記されていたことで山口は「外国の人面犬」がどういうものか知ることができたという。

 解説文に寄れば、あの「人面犬」は首のない動物の剥製の横に穴を開けておき、不気味なメークをした生きている人間が穴から顔を出して演技することで「人と受け答えする奇妙な生物」の姿を演出する見せ物の一種だった。なお、現在この芸の公演を行っている人物は二代目であり、先代である父親の方が怪物の演技が巧かった、という批評も併記されていたという。

 人面犬と似たもので、パキスタンには人の顔をした狐こと「狐女」がいるという。これも人面犬と同じ見せ物なのだが、どうやらこの受け答えをする人面動物は東南アジアを中心に広く行われている芸と見るのがいいようだ。

「外国の人面犬」があれだけヒットしたのは、他の動画の追随を許さぬ不気味な雰囲気を演出することができたからなのだろう。

【関連動画】فتاة نتقلب الى حيوان
https://youtu.be/ikmXXu8WQh8

 

(提供=ミステリーニュースステーションATLAS

 

関連タグ: