矢部美穂が25日に子宮筋腫の手術 約2週間入院予定

2016年10月19日 15時40分

手術を受ける矢部美穂

 タレントの矢部美穂(39)が子宮筋腫の手術を25日に受けることがわかった。

 

 自身のブログを18日夜、更新して「朝、病院へ行き最終検査も終わり…24日に入院をして25日に手術 約2週間近く入院する事になりますが、その前にしっかりと食べて体力つけておかなくちゃいけません」と報告。事務所のスタッフたちとギョーザを食べて精をつけたといい「明日も収録があるので早めに休みます」と続けた。

 

 開腹手術のため12日間入院する予定だ。

 

 詳しい病状は4日のブログで明かしている。

 

「子宮筋腫の手術、腹腔鏡手術を行うためにチュープリン注射を半年続けてきましたが、2センチしか小さくなっておらず、小さいものも8~10個近くあるそうです。腹腔鏡だと小さい筋腫は取れないみたいで、一番大きい筋腫もまだ6センチあるので厳しいらしく…傷は少し大きくなりますが、腹腔鏡を断念して全開腹手術へ変更しました」と詳細を伝えていた。