「偽ジャパン」が「侍ジャパン」黙認応援団を宣言

2016年10月18日 21時00分

「侍ジャパン」の黙認応援団として活動すると発表した偽ジャパンのメンバー

 モノマネ軍団の「偽(いつわり)ジャパン」が18日、都内で会見を開き、野球日本代表「侍ジャパン」を勝手に応援する黙認応援団として活動すると発表した。

 

 侍ジャパンの小久保裕紀監督(45)が11月に行われるオランダ、メキシコとの強行試合のメンバーを発表した日本野球機構(NPB)の会見場に「偽ジャパン」が集合。巨人・坂本勇人内野手のそっくりさんのさかとも、広島・菊池涼介内野手のものまねをするまねたきくっちら13人が参加した。

 

 代表を務めるアントキの猪木は「偽の字は人の為と書きます。時には人の迷惑も顧みませんが…とにかく本気で人のための活動をしていきます」と宣言。各メンバーへのユニホーム授与も行った。

 

 最後は、アントキの猪木の「迷わず行けよ、行けばWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)世界一なるぞ!」の掛け声から、全員で「1、2、3、ダーッ」と気合を入れた。