• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 引退撤回、そして大映が倒産


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引退撤回、そして大映が倒産


【高橋惠子 芸能生活42年回顧録「女優物語」(9)】

 

 昭和46(1971)年11月末に私が所属していた大映が倒産…。この一報が届いたとき、私は気が動転し、事態を把握するまでに時間がかかりました。なにしろこの時私は女優引退を撤回し、仕事を続ける覚悟を決めたばかりだったのですから。

 これからどうすればいいのか…。暗たんたる気持ちのまま、年の瀬を迎えようとしていたころのことです。大手映画会社各社から、私の両親に連絡が入りました。どの会社の担当の方も「ウチにぜひ」とおっしゃっているというのです。最高にありがたいお話でした。

 当時、大手映画会社は各社専属の監督、俳優の引き抜きを禁止する五社協定(東宝、東映、松竹、日活、大映)を締結していました。ですが、大映が倒産したことで五社協定は自然消滅。私に声をかけてくださったのは、東宝、東映、松竹、日活の4社で、各社の担当者は私の自宅まで足を運んでくれました。

 自宅では私の両親を交えての“4者面談”で、じっくりお話をうかがいました。その結果、東映は高倉健さんの「網走番外地」シリーズや、藤純子さん(現富司純子)の「緋牡丹博徒」シリーズに代表される仁侠路線を続けていくことが判明しました。

 松竹は渥美清さんの「男はつらいよ」シリーズが人気爆発する直前で、社会派サスペンスと文芸路線が主流でした。日活は経営不振を打開すべく、“ロマンポルノ”路線を打ち出したばかりです。それぞれの会社が熱心に説明してくださいましたが、私にとっては「う〜ん…」。生意気なようですが、ピンとこなかったのです。

せっかくのありがたいお話なのに、なぜ乗り気になれないのか? 理由ははっきりしていました。当時16歳だった私は「17歳の関根恵子像」や「18歳の関根恵子像」、さらに「大人になった関根恵子像」を明確に描いていたからです。

 例えば、東映に入社したとします。私は藤さんのように女博徒シリーズに何本も出演することになるのでしょう。同じ役柄を繰り返して演じる、それも仁侠路線の役柄を演じることは自分にとってプラスになるのか? そうとは思えませんでした。

 松竹はこのころ良心的な作品を製作する半面、これといった特徴が感じられない会社でした。ちょっと偉そうな言い方をさせていただくと、「女優・関根恵子」がこれから飛躍していくためには、もう少し強い“カラー”が必要だと思えたのです。

 日活は経営的にも苦境に立たされていたようで、ロマンポルノにシフトチェンジすることも決まっていました。大映の“レモンセックス路線”の作品に7作連続で主演した私です。ロマンポルノ路線は自分を成長させてくれるとは思えませんでした。

 こうして私は東宝に入社することにしたのです。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!