• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > “巨匠”と出会い引退を翻意


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“巨匠”と出会い引退を翻意


【高橋惠子 芸能生活42年回顧録「女優物語」(8)】

 

「私、女優を辞めます」——。昭和46(1971)年の初夏、私は大映撮影所の所長にこう伝えました。多忙を極めるスケジュールに加え、「奔放な女優・関根恵子」のイメージと素の自分とのギャップに悩んだ末の結論です。私は本気でした。

 ところが、所長は「関根君の意思は尊重したいが、すでに次の主演作品が決まっている。辞めるのは撮影終了後にしてくれないか」。辞める決意は固かったものの、“立つ鳥跡を濁す”は本意ではなかったので「分かりました。次の作品の撮影が終わったら、辞めさせていただきます」と答えました。次回作を撮り終えたら、正式に女優を廃業できる…。おかしな表現かもしれませんが、私は辞意を認めていただいた結果、晴れ晴れとした気持ちで次回作に取り組むことができました。

 その次回作が、この年の9月に公開された「遊び」です。メガホンを取ったのは、東宝の黒澤明監督や松竹の野村芳太郎監督と並んで、“巨匠”と称されていた大映の増村保造監督でした。ただし、ストーリーは16歳の少女が過酷な運命に翻弄されていく、というもので、それまでの私の主演作とあまり変わりません。

 ところが…。撮影が始まると、私は初めて「女優になってよかった」と本気で感じたのです。ストーリーも過去5作品とそれほど変わらないし、ヌードになることも同じでした。どこが違っていたのか? それまでの出演作と決定的に異なっていたのは、増村監督の存在でした。

「映画とはこうあるべきだ」という情熱が、そのまま形になった増村監督の取り組み方に私は感動しました。デビューして1年以上たっていましたが、私は「一から女優業に取り組もう」と改めて決心したのです。

 ですから、「遊び」の撮影中に所長には辞意の撤回をお伝えしました。文字通り、心機一転、女優としてやっていこう——。迷いも吹っ切れて、撮影に臨んだのが、主演7作目の「成熟」でした。

 おかげさまで「遊び」と「成熟」はともに興行面でも成功を収め、スタッフと喜んだ矢先の11月のことです。大映が倒産…。この一報が私のもとに届きました。もともと私が入社した昭和45(70)年4月の時点で、経営危機はささやかれていました。

 ですが、「危ないらしい」という噂と、本当に倒産してしまうのとではまるで次元が違う話です。タイミングも最悪でした。個人的なこととはいえ、一度は引退を決意し、増村監督と出会ったことによって翻意した、その直後の倒産です。

「私の運命は、これからどうなるんだろう…」。将来に対する大きな不安を抱えた私は、このときまだ16歳でした。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!