iPS森口氏、美元、さかもと未明“危険な共演”プラン

2012年12月04日 10時58分

“お騒がせ3人衆”が合体!? iPS細胞をめぐる虚偽発言で、一躍“時の人”となった森口尚史氏(48)が、18日に都内でトークライブを行い、反撃の狼煙(のろし)を上げることがわかった。しかも、そこに高嶋政伸(46)と離婚裁判を繰り広げた元妻の美元(33)、JALクレーム騒動で物議を醸した作家のさかもと未明氏(47)が合流するデンジャラスプランも浮上しているというから、シャレにならない。

「うそと言えばうそ」——。このひと言で、猛烈なバッシングを浴びることになった森口氏。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った世界初の治療を米国で行ったと公表したが、その後の調査で大半が虚偽の内容であることがバレてしまった。

 これにより勤めていた東大病院は懲戒解雇。出身校の東京医科歯科大学からは、米国への出張費など約23万円の返還を求められ、11月29日には、恩師で論文共著者の佐藤千史教授までもが、森口氏の学会出張費など100万円超を大学側に申請したとして返還を求られると報じられた。

 こうした“仕打ち”に、森口氏は「もう黙っていられない!」とブチ切れた。18日夜、東京・新宿区の「新宿ロフトプラスワン」で「緊急開催!! 森口尚史が吠える会〜なんで私はこうなった?〜」と題し、トークライブを行うことになった。

 副題は「山中教授ノーベル賞受賞記念」。11日(日本時間)に授賞式を控える正真正銘のiPS研究の第一人者、山中伸弥教授(50)に対するアンチテーゼにも見えるが、森口氏に近い関係者によると、出張費返還を要求する“母校”に対する怒りは相当なもので「訴訟も辞さないほど激怒している」という。
 また、最後まで「やったんです」と主張しながら、詳細は語らなかった海外での臨床応用手術1例についても「時間が経過し、本人も冷静になり、話す準備ができたようだ」(同)

 それだけではない。なんと! 森口氏のもとには高嶋政伸との泥沼裁判で「モンスターワイフ」とまで呼ばれた美元、JAL機内で泣いていた赤ちゃんにブチ切れたことを雑誌に寄稿し、物議を醸したさかもと氏が合流するかもしれないのだ。実際に、森口氏はこの2人の女性にシンパシーを感じているという。それどころか、美元とさかもと氏にぜひ聞いてもらいたいこともあるようだ。

 某関係者によれば、最近、同氏が最も激怒したのは「女性自身」に掲載された異性関係の記事で「見出しに『交際女性は10人以上。二股中で1人は人妻』と書かれ、本人は『ニュアンスが違う。あれでモテなくなった!』とブチ切れていた。美元さんとさかもとさんに相談したいようだ」という。

 このイベントを企画した男性は「2人に出演オファーを出しているのは事実」と話した。詳細については「それ以上は勘弁してください…」と言葉を濁すが、実現すれば“お騒がせ3人衆”が一堂に会するとてつもなく危険なイベントになるのは火を見るより明らかだ。

 イベント終盤には森口氏のカラオケ十八番「ロンリーチャップリン」を熱唱するプランもあるというから、当日は何かが起きることは間違いない。