峯岸みなみもアウト!DMMが18歳未満イメージビデオを一斉削除

2016年09月11日 10時30分

 大手動画配信サイト「DMM.com」が7日、「18歳未満の出演するすべてのイメージビデオをすべて停止した」と発表した。
 
 これは、某NPO法人が児童ポルノに関する調査報告書を公表したことを受けての処置であり、当該イメージビデオのなかに、「3号ポルノ」(児童ポルノ禁止法2条3項3号)と思われる作品があったことが原因だという。

「18歳未満出演のイメージビデオ」は撮影当時に18歳未満だった出演者のことを指しており、いわゆる「ジュニアアイドル」と呼ばれる出演者のイメージビデオが一斉削除されたことになる。

 削除された動画のなかには、女優の蒼井優のほか峯岸みなみ、道重さゆみといった有名アイドルが18歳未満当時に撮影されたDVDも含まれており、彼女らが18歳になるまでの作品の一部が封印されたこととなる。

 インターネット上では「イメージビデオとアダルトビデオの違いが明確化されていない」「児童ポルノの言葉の意味をもう一度考えるべきでは」という声もあり、また明らかに18歳を超えていても年齢不詳な出演者についてはDMMの判断で動画が削除されているという。

 今回はDMM.com内だけの処置ではあるが、低年齢化していくアイドルの売り方について一石を投じる問題であることは間違いない。

 

(提供=ミステリーニュースステーションATLAS